お任せ!オリジナルビニール袋制作ガイド

ビニール袋を比較してみました

一般にビニール袋と呼ばれているのはほとんどポリ袋と混同されているのが現状です。厳密には塩ビやPVAでできたものがビニール袋であとはポリ袋だと言う事らしいです。レジ袋はポリ袋でラップみたいな素材でぴちっと包装されているものがそれにあたります。

いろんなものがありますのでちょっと比較してみました。用途によって素材の原料が違い、それによって硬度とか伸びが違うようですね。レジ袋やゴミ袋には取っ手が付いているものが多く、これは強度が高くないと取っ手がすぐに取れてしまいますから高密度ポリエチレンが素材です。

ビニール素材のものは透明性が高く高級感が出るため衣類の袋等に使用されます。またビニール素材は静電気を起こさない特徴がありますので埃を付けさせないためにも衣類には相性がいい部分もあります。引っ張ると伸びるのも特徴ですね。他にも多種多様なビニール袋(ポリ袋を含む)がありますが、素材の面から少しだけ調べてみました。

YAMAGEN!

公式サイトはコチラ

YAMAGEN!は様々なデザインのビニール袋を制作し、小ロットから大ロットまで対応できるため必要な数量に合わせて注文できます。同じデザインでも違うサイズにしたい場合は小ロットで対応でき、まとめて注文すると安くなるため見積もりの内容を比較して決めると便利です。

オリジナルのビニール袋を作る時は高くなると思われがちですが、ロゴデザインやサンプルが無料で気軽に使えて便利です。安心の工場価格のため値段が高くなる心配がなく、必要な数量やデザインを決めて注文すると目的に合わせて有意義に使えます。

YAMAGEN!は電話やメールで問い合わせ、見積もりをする際に打ち合わせができ納得をしてから最適な方法を選べます。デザインはサンプルを参考にすると入稿しやすく、サイズを決めて必要な数量を確かめて注文できるため便利です。

オススメ度 サービス度
★★★★★ ★★★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★★
顧客満足度
★★★★★

商い支援

公式サイトはコチラ

商い支援は、紙袋やビニール袋などの包装資材を販売しており、素材や形態、用途やデザインなどが豊富です。一つ一つの商品にはイメージ写真と共にサイズや色などが細かく提示されていて、サイト内でのキーワード検索もできます。

さらに、各カテゴリーの他にも業種別にカテゴリーが作られており、商品の持ち帰りや包装など対象製品に適した商品を提示、シチュエーション別に商品を探すこともできます。また、季節に沿った製品に対する商品のアドバイスも提供しています。

なお、休業日は日曜・祝日となっていますが、問い合わせや注文に対しては24時間、年中無休で対応可能です。また、サイト上では商品の様々な情報を発信し、贈り物をする際のマナーや包装紙の材質の説明なども掲載、ラッピングの仕方の動画なども見られるようになっています。

オススメ度 サービス度
★★★★★ ★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★★
顧客満足度
★★★

モロフジオンラインショップ

公式サイトはコチラ

モロフジオンラインショップではビニール袋を販売しています。ビニール袋の表面に好きな図柄や文字などを印刷することで、オリジナルな製品を作製することができます。レジ袋やハンドルバッグなどさまざまなタイプの袋を扱っています。

モロフジオンラインショップのサービスの特徴は商品を注文してから発送までの時間が短いことです。入稿をしてから6営業日後に商品の発送が可能です。また手頃な料金で利用できることもこのお店の魅力でフルカラー印刷も低価格で注文できます。

モロフジオンラインショップは小ロットの注文にも対応しているお店です。100枚から注文することができます。また一部の地域を除いて商品の送料が無料になっていることもこのお店のサービスの魅力です。

オススメ度 サービス度
★★★★ ★★★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★
顧客満足度
★★★★

ビニール袋印刷.com

公式サイトはコチラ

ビニール袋印刷.comでは、ビニール袋に様々な印字をすることができ、デザイン指示書通りのものを作成しています。顧客のイメージに合っているデザインデータも作成しているので、気に入ったものも見つけることができるでしょう。

ビニール袋印刷.comで取り扱っている商品の実績としては、普通のビニール袋だけではなく、おしゃれなショルダータイプや巾着袋のようなものまで作成しています。大量に発注することで、1枚当たりの単価を激安で購入することができます。

ビニール袋が不足してしまった時でもビニール袋印刷.comでは、過去に発注したデザインのものをすぐに再度購入することができるので、急に大量に必要になった時でも便利でしょう。

オススメ度 サービス度
★★★ ★★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★ ★★★★★
顧客満足度
★★★★

アドプリント

公式サイトはコチラ

株式会社アドプリントが運営するポリ袋印刷専門店アドポリでは、ポリ袋に限らずにさまざまなタイプの袋を販売しています。手提げ袋やレジ袋など用途に合わせた袋を購入できるお店です。形状だけでなく袋の色を選んで注文もできます。

このお店では袋に使用する素材を選んで注文することもできます。手提げ袋も表面になめらかさがあるものや、固さがあるものなど、目的に合わせて製作できます。袋の大きさも自由に選んで注文することができ、それぞれの商品はビニールの厚さも異なっています。

このお店ではオーダーメイドのビニール袋のほかに、既製品も販売しています。珍しいタイプの商品としては一升瓶を入れるためのレジ袋なども取り扱っています。食品販売で使用できるテイクアウト用の袋なども販売しています。

オススメ度 サービス度
★★★★ ★★★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★★ ★★★
顧客満足度
★★★★★

アイパックス

公式サイトはコチラ

アイパックスでは、社名やロゴの入っているビニール袋を大量に発注したい時には良いでしょう。見積もりフォームから発注することができるので、手間もあまりかかりません。イベントなどで使用するビニール袋も大量に発注することで単価も抑えることができます。

ビニール袋の色のレパートリーも13種類あり、印刷の色も25種類用意されているので、自社のイメージに合っているオリジナルのビニール袋を頼むことができます。使途に応じて深さや大きななども選ぶことができるでしょう。

初回に必要な版代や原稿代がかからないことから、繰り返し発注をする場合には、ビニール袋のコストを安くすることができます。大量に追加発注が必要なケースではかなりコスト負担が楽になるでしょう。

オススメ度 サービス度
★★★ ★★★★★
掲載量 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★★
顧客満足度
★★★★

用途に合わせて選べるビニール袋を通販サイトから買う

実際のところ、ビニール袋と言うのは本当に多くの種類があります。用途に合わせて使い分けることが肝心なので、購入する前にどのような種類のものを購入するべきなのか、検討しておきましょう。例えば、普通のゴミ箱から巾着型のポリ袋、チャックが付いているものなどといった具合に、非常に多くあります。家庭用の袋だけでも数え切れない位にあるわけですから、慎重に方向性を決めてから業者に声をかけることが大事です。こちらの用途に合わせて、どのようなビニール袋を選べば良いのかがわからないと言うなら、業者に相談に乗ってもらいましょう。良心的な業者なら、ベストな選択肢を選んでくれます。サイズに関しても、袋にはそれぞれサイズ規格と言うものがあるので、あらかじめ業者に聞いて、こちらが望むサイズの規格がどのくらいになるのかを教えてもらうことが大事です。

また、法人用のビニール袋を積極的に取り扱っているところもあるでしょう。例えば、レジで使うレジ袋や、その他にも通販サイト、アパレルや雑貨屋などといった具合に、それぞれのお店で使うビニール袋に対応していたりします。これから法人として契約し、既に取り寄せたいと感じているなら、できるだけ法人契約することでリーズナブルになるビニール袋作成業者を探しておきたいところです。プリントをオリジナルに施したり、完全なオーダーメイド作品として作ってもらうことも可能となります。その場合は、デフォルトで用意されている通常のビニール袋を購入する時よりも、時間がかかることがあるので気をつけておきましょう。あらかじめ大量に発注しておいた方が、いざというときに困らないのですし、安く購入できることが多いので便利です。

当然ながら、店頭ではなくサイトから購入する場合、送料が発生します。ただ、業者によっては特定の範囲であれば送料無料だったりするので、確認しておきましょう。また、多くの量をまとめて購入すれば、送料が安くなったり無料になったりするキャンペーンを行っている業者もいます。できるだけコストパフォーマンスよく購入することが重要なので、これから定期的に購入するならなおのこと、余計なお金をかけないように工夫しておきたいところです。ビニール袋にあまりこだわりがないと言うなら、100円ショップやスーパーで購入しても良いでしょう。ただ、ネット上の通販サイトを利用することで、いろいろな種類や素材、そしてデザインなどから選ぶことができ、さらにリーズナブルな値段でも手に入ると言う事実があります。今まで利用したことがない人は、まずはいちど目を通してみるのがオススメです。